精力剤の基礎知識を知ろう!の6月記事一覧

前立腺肥大症や前立腺炎など、前立腺の病気にかかる人が増えています。
前立腺炎は、前立腺が尿道から進入したブドウ球菌や大腸菌などの細菌に感染して、炎症が起きる病気です。
前立腺炎は、前立腺肥大症に比べると知られていない病気です。
亀頭部に鈍い痛みや違和感を感じることがあります。
亀頭包皮炎でも亀頭が痛くなるので、詳しく調べる必要があります。
前立腺炎には、急性前立腺炎と慢性前立腺炎があります。
急性前立腺炎は、高熱が出ます。
細菌が尿道から前立腺に進入し、炎症を起こします。
治療方法は、抗生物質を投与します。
急性前立腺炎は、再発しやすいので、注意が必要です。
慢性前立腺炎の症状には、頻尿や排尿痛などがあります。
慢性前立腺炎の場合は、生活習慣の見直しが必要なケースも多いです。
前立腺肥大症は、前立腺が大きくなって尿道を圧迫する病気です。
前立腺肥大症は、高齢者に多い病気です。
典型的な症状は、排尿障害です。
前立腺がんの場合、症状がほとんどないため、男性は定期的に泌尿器科で検査した方がいいです。
日本では、勃起不全に悩む患者が増えていますが、前立腺肥大症を治療することで、勃起機能が改善することがあります。
勃起不全の治療のために、精力剤やサプリメントを飲む人も多いです。
精力剤やサプリメントの中には、優れた商品もあります。
しかし、病気の場合は、精力剤やサプリメントよりも、処方された治療薬で治療することが大事です。
勃起不全の場合、原因は人によって様々です。
20代から40代の若い世代では、心理的な要因で勃起不全になる人が増えています。
心因性の勃起不全の場合、カウンセリングや治療薬の服用により、簡単に治ってしまうケースもあります。